FC2ブログ

SMフェティッシュバー・ミルキーウェイ・スタッフブログ

2018.11.04 Sun 11月3日 第1回星縄会

第1回星縄会、多数の方にご参加いただき本当にありがとうございました。

星縄会は、先日、ミルキーウェイで初めて開催した緊縛講習講師の緊縛ライブショーの名称です。

ミルキーウェイの緊縛講習は、私が緊縛に必要と思えるありとあらゆる技術を、体系的に整理し、テキストを作成して、開催しております。
具体的には、高度な技術を習得するための高手後手の講習
引き出しを増やすためのワンポイント講習
プレイに即使える足縛り講習
珍しいものでは、上半身を縛られた状態の女性の姿勢を無理なく変えるための、「寝返り講習」
などもあります。

ミルキーウェイでは、この星縄会のような素人の緊縛ショーの開催を否定していました。
それは、緊縛は少なからず危険を伴うものだからです。
縛り手の自己を顕示するためにショーを行うものではない、それが私の持論でした。
それは今も変わりません。
ではなぜ、本日にいたったか。
それは、今日出演する3人の講師が、これまで積み上げてきた緊縛講習の集大成であり、これから緊縛を習う、もしくは現在ミルキーウェイで習っている講習生の皆さんに、ぜひお手本として見ていただきたいと思ったからです。

ということで、3人の出演者を紹介します。

一葉さん
2015年8月に遊びに来て、縛られるのが好きだということで、講習のモデルを一年ほどやってもらっていました。
縛りもやってみたいというので2016年7月縛り始め、中級1回を受講し、10月には上級になり、その時から中級の講師もお願いしています。
縛りの特徴は、この小さな体からは想像できないほど責め心です。
別名地引網一男というほど責め感のある縄の引きがうまく、ミルキー内で地引網一門と性奴隷たちというファンクラブ?ができるほどです。
002.jpg

忍者さん
2016年9月に初講習。2016年10月に中級、2017年3月に上級にあがりました。
一葉が講師になった直後からの、最初の中級の教え子です。半年以内で上級になった人は過去においても、数人しかいません。忍者さん自身の努力だけでなく、一葉の教え方が大変優れていたためでもあります。

縛りの特徴は、全体のバランスに最適なテンションを維持して、どんな人にも、どんな場所にも、安定して縄をかけることができます。
吊りや難しい縛りでも、抜群に安心感のある縛り手です。
001.jpg

さきのさん
2016年12月に初級を受講。2017年3月に中級に、2017年10月に上級にあがり、その後、中級の講師をお願いしています。
股間流といわれる一門を開き、いつ、どこに、どんな縄を掛けるときも、股間を密着させるエロエロ縄が特徴です。都内某所では、M女性の人気を男性以上に集めているという、お話も聞いています。
003.jpg

星縄会終了後の感想は後ほど。

講師/若